読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

御朱印集め2周年を記念し、これまで頂いた中からベスト10を全力で選んでみた。(5位~1位)

昨日に引き続きこの2年間で頂いた132体の御朱印の中から選んだベスト10をご紹介したいと思います。


本日は第5位から第1位までをご紹介します。

第5位 円覚寺(北鎌倉)
鎌倉五山第2位の円覚寺は「えんがくじ」と読みます。鎌倉幕府第8代執権の北条時宗元寇戦没者を敵味方分け隔てなく弔うために創建しました。

f:id:minamimachida0706:20170415231331j:plain

北鎌倉には歴史のある寺院が点在していますが、その中でも最も北鎌倉駅に近いのが円覚寺です。昨年のゴールデンウィークにお参りしましたが、北鎌倉駅に降り立った大勢の観光客のほとんどが線路に沿った道を進み、そしてその全員が円覚寺方向へ角を曲がっていた光景は壮観でした。
鎌倉時代に全盛を誇っていながら室町~江戸時代にかけてさびれていった寺院が多い中で、往時の姿を保ち多くの国宝や重要文化財を今に伝える貴重な寺院です。

f:id:minamimachida0706:20170415231428j:plain

朱印の赤と墨で書かれた黒い文字のコントラストが非常に美しい御朱印です。 

 

minamimachida0706.hatenablog.com

 

 

第4位 江北氷川神社(足立)
昨年8月と今月の2回お参りしている神社です。
敷地だけ見ると小さい神社ですが、足立区西部一帯17社の総本社であり宮司は20以上の兼務社を持つという都内でも屈指の規模を誇ります。地域住民の篤い信仰を受け、正月、節分、秋季例大祭といったお祀りの際は境内が人で埋め尽くされるそうです。

f:id:minamimachida0706:20170415231841j:plain

こちらの最大の特徴は名誉宮司が詠んだ和歌を見開きで記した御朱印です。愛好者の間でその人気は高く、名誉宮司のお話では海外からくる方もいるそうです。
御朱印をお願いすると社務所に備え付けてあるノートに記帳するのですが、昨年お参りした際には同じページに札幌の方の記帳があり、今年は同じ日に福岡の方の記帳がありました。まさに「北は北海道から南は九州まで」という言葉が当てはまります。
年が改まれば和歌も変わるため、毎年異なる御朱印を頂くことができます。

昨年のものです。

f:id:minamimachida0706:20170415232006j:plain

今年度版です。

f:id:minamimachida0706:20170415232116j:plain

名誉宮司の人柄が境内にも御朱印にもあふれていました。

 

minamimachida0706.hatenablog.com

minamimachida0706.hatenablog.com

 

 

第3位 上野東照宮(上野)
御朱印を頂いたのは昨年6月です。寛永寺のお参りを済ませて上野鈴本演芸場に向かう途中、「こんな所に東照宮がある」と気付いたことがきっかけでした。

f:id:minamimachida0706:20170415232303j:plain

「生涯で7度主人を変えた男」として世渡り上手の極致のような人物であった藤堂高虎が自らの屋敷内に家康を祭神とする宮祠を建て、これを徳川家光が大規模に作り替えたのが現在の上野東照宮です。絢爛豪華な社殿が幕末の上野戦争でも東京大空襲でも焼けなかったのは奇跡に近いように思います。


こちらの巫女さんはどなたも若くてきれいです。下を向いて御朱印を書いている際、装束の襟元から中が見えるか見えないかというギリギリの角度となり、そちらの方でドキドキしたことが忘れられません。

f:id:minamimachida0706:20170415232337j:plain

若くて綺麗な巫女さんがさらさらと筆を走らせて書いて下さった御朱印です。恐らく「奉拝 東照宮」と書いてあるのでしょうが、達筆すぎてよくわかりません。この書体をどうやってマスターするのか知りたいものです。

 

minamimachida0706.hatenablog.com

 

第2位 建長寺(北鎌倉)
建長寺鎌倉五山でも第一位という格付をされた臨済宗大本山です。承久の乱を鎮圧して北条氏の権力基盤が固まり、鎌倉が事実上の日本の首都となった第5代執権北条時頼の時代に創建されました。

f:id:minamimachida0706:20170415232736j:plain

他の鎌倉の寺院と同様に建長寺は度重なる火災や地震により何度も倒壊・炎上を繰り返しています。他の多くの寺社がその中でさびれていきますが、建長寺は徳川家の支援があったようで創建当時の面影を現在まで残しており、境内は国の史跡に指定されています。


浄智寺東慶寺のように北鎌倉の寺院はひっそりとしていて直前になるまで気が付かないという傾向がありますが、建長寺については遥か遠方からでもわかるほどの規模となっています。
円覚寺と同様に昨年のゴールデンウィークにお参りしましたが、もうとんでもない人出でした。

f:id:minamimachida0706:20170415232837j:plain

細い筆を走らせた美しさではNo.1と言っても良い御朱印です。

 

minamimachida0706.hatenablog.com

 

第1位 安楽寺(大宮)
安楽寺は大宮駅西口の「そごう」だの「ビックカメラ」だのといった大型商業施設の裏側にひっそりと位置する小さな寺院です。

f:id:minamimachida0706:20170415233010j:plain

山門もなければ鐘楼もなく、外見だけなら寺院というより研修施設といった雰囲気です。(1階向かって右側の突き出た部分が本堂にあたるようです。)


「寺院ではお盆やお彼岸といった時期には御朱印に対応して頂けないことがある」ということを最も思い知らされたのが安楽寺でした。会社が夏休みとなり、満を持して向かった私が見たものは「お盆期間中、御朱印は全て書置きで対応させて頂きます」という貼り紙でした。そこから一か月が経過し、もう大丈夫だろうと向かったところ今度見たのは「お彼岸期間中、御朱印は全て書置きで対応させて頂きます」という貼り紙でした。
こちらの御朱印は書置きではなくどうしても御朱印帳に頂きたかったため、三度目にお参りする際はあらかじめ電話で確認してから行きました。


安楽寺では仏教の教えを表す言葉を見開きでダイナミックに書いて下さいます。書き手によって内容が異なるようです。

f:id:minamimachida0706:20170415233055j:plain

書き終わると普通なら「ようこそお参りくださいました」といって御朱印帳を渡されるのですが、こちらでは書かれた言葉の意味についてその場で一生懸命に説明してくださいます。
心の準備ができていなかったので動揺しながらも懸命に聞きました。その場で理解しきれなかった分は家でネットを駆使して調べましたが、「至誠心 意味」と検索して出てくるようなものではなく、なかなか難しいものがありました。

 

minamimachida0706.hatenablog.com

 

これまで頂いた御朱印が132体ということでは諸先輩方に比べるとまだまだヒヨッコでしかないでしょう。しかも頂いた御朱印の内善光寺出雲大社以外は全て関東のものです。最近ツイッターで様々な情報に触れるようになりましたが、やはり御朱印の本場は京都と奈良だなと思います。今後はそのような場所にも遠征できるよう、自分自身の体制をしっかりと構築するようにしたいと思います。
そして今まで以上に寺社や御朱印の魅力をお伝えできるよう表現力や写真の技術を磨きたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

◆ベスト10の10位から6位まではこちら

minamimachida0706.hatenablog.com

 最後まで読んでいただきありがとうございます。