読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

【御朱印】瑞泉寺の庭園は500年放置したら埋まってしまった

今回は国の史跡になっている瑞泉寺の庭園と御朱印をご紹介します。

これまで浄妙寺報国寺、杉本寺といった寺院のお参りで鶴岡八幡宮の前から東に延びる金沢街道はこれまで何度も往復してきましたが、道一本隔てた場所にある荏柄天神社や鎌倉宮はまだ訪れたことはありませんでした。いよいよこの2社をお参りしようと思い地図を見るとさらに奥に由緒ありそうなお寺があるようです。それが瑞泉寺を知ったきっかけでした。


瑞泉寺は1327年に夢窓国師により創建された寺院です。
夢窓国師はこの時代を代表する高僧で、円覚寺浄智寺南禅寺といった寺院の住職を歴任し、その間に天龍寺恵林寺といった寺院を開きました。鎌倉時代には最後の執権である北条高時の尊崇を受け、鎌倉幕府が倒れると後醍醐天皇足利尊氏からも帰依されました。
また庭づくりの名手としても知られており、瑞泉寺の庭園の他永保寺、恵林寺天龍寺苔寺の庭園が現在では国の特別名勝・史跡に指定されています。


金沢街道から分岐した道を進み、鎌倉宮を抜けた一番奥に瑞泉寺は位置しています。

f:id:minamimachida0706:20170319000737j:plain

四季折々の「花の寺」として知られていますが、参道の脇に白梅が一直線に植えられていました。

f:id:minamimachida0706:20170319000828j:plain

夢窓国師は紅葉ヶ谷が三方の山に囲まれたこの地を選択したため、うっそうとした森を抜ける階段を登らなければなりません。

f:id:minamimachida0706:20170319000913j:plain

吉田松陰の記念碑がありました。下田で密航を企てる直前に叔父である竹院和尚に会いに来たとされています。

f:id:minamimachida0706:20170319000959j:plain

山門です。

f:id:minamimachida0706:20170319001049j:plain

多くの文人が訪れたという瑞泉寺の境内には幾つもの文学碑が残されていますが、最も有名な大宅壮一氏の碑です。

f:id:minamimachida0706:20170319001133j:plain

本堂です。

f:id:minamimachida0706:20170319001225j:plain

足利尊氏による室町幕府開府後、嫡男の義詮は鎌倉において関東を統治しますが、尊氏と弟の直義の骨肉の争いが激化する中で京都に呼び寄せられることになります。代わりに次男足利基氏を鎌倉府として送り込みますが、これが鎌倉公方足利家の起源です。第4代の持氏が幕府と対立して永享の乱を起こして敗れるまで瑞泉寺菩提寺となりました。

江戸時代には徳川光圀がこの地に滞在し「新編鎌倉誌」を編んだといいます。


地蔵堂です。

f:id:minamimachida0706:20170319001340j:plain

名勝瑞泉寺庭園です。天台山、錦屏山を背景とした鎌倉石の岩盤を地形・地質に応じて削り出して作ったものです。滝・池、中島等すべて彫刻的手法により制作されたまさに岩庭と呼ぶべき庭園です。

f:id:minamimachida0706:20170319001425j:plain

f:id:minamimachida0706:20170319001510j:plain

瑞泉寺の庭園に関する記事を見ると必ず「荒廃していたものを発掘復元した」とあります。これほどの庭園が荒廃し、全域にわたって埋没してしまうということは何か事件か大災害のようなものがあったのか、いろいろ調べましたがそれらしいものはありませんでした。
どうもこういった遺跡のようなものは手入れを怠って放置すると、案外簡単に地中に埋まってしまうものだそうです。永享の乱の後鎌倉公方足利家が滅びてから約500年放置したということでしょうから、その間に発掘をしてみなければならないくらい埋まってしまったということのようです。


「三方を山に囲まれ、わずかに開けた西の空に富士山を望む」という光景です。天気が良ければこの先に富士山が見えるのでしょう。

f:id:minamimachida0706:20170319001753j:plain

現在は白梅が咲いていましたが、秋になれば見事な紅葉が楽しめるのではないかと思われ、今から楽しみです。

f:id:minamimachida0706:20170319001835j:plain


大変に力強い御朱印をいただきました。

 

 ◆当日併せてお参りした荏柄天神社・鎌倉宮の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 

minamimachida0706.hatenablog.com

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。