読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

ブラックニッカディープブレンドからは原酒不足という混乱期でのブレンダーの苦悩が感じられた

ウィスキーはその製造工程の中で「貯蔵・熟成」という段階を経なければならないため、材料を仕込んでから製品となるまで大変に時間がかかります。そのため販売量が増えたからと言ってすぐに増産できるものではないことはこれまで何回も書いています。


日本では1950年代に洋酒ブームが起こるのですが、水割り、オンザロックといった多様な飲み方が定着して1983年までウィスキーの販売量は増加し続けます。しかしその後減少傾向となり2007年にはピーク時の何と6分の1となっています。


低迷し続けていたウィスキー業界も2008年にサントリーが「角ハイボールプロジェクト」を展開し、「ハイボール始めました」というキャッチフレーズで女優の小雪をCMに起用するなど全面的なキャンペーンを展開すると再び販売量は増加に転じました。生産が追い付かないためサントリーが角瓶の生産調整を実施した程だったのです。そしてその動きにさらに拍車をかけたのが2014年9月から2015年3月まで放送されたNHKの朝ドラである「マッサン」です。


ニッカウィスキーの創業者である竹鶴正孝の生涯を取り上げたドラマの影響でウィスキーの販売量が急増します。ドラマが放映された2014年はウィスキー全体で前年比13.7%増でしたが、ニッカの主力商品の「竹鶴」は39%と大幅増となりました。そのためニッカもサントリーも売れすぎて長期熟成した原酒が不足するというピンチを迎えます。
ウィスキーの販売量が減少の一途をたどっていた時代、まさか10年後に大ブームが起こっていることを予想することなど無理でしょう。


ニッカはそれにより商品のラインアップの全面変更を余儀なくされました。従来の「ブラックニッカ8年」に変わって市場に登場したのが今回ご紹介する「ブラックニッカディープブレンド」です。

f:id:minamimachida0706:20170209223142j:plain

角瓶に対抗する商品であった「ブラックニッカクリアブレンド」はよく飲んでいましたが、2007年にリニューアルで登場した「ブラックニッカクリア」は37%という度数が物足りず全く飲まなくなりました。そのかわり「ブラックニッカ8年」が気に入り、それ以来ニッカといえばこれを飲んでいたのですが、残念ながら販売中止となってしまいました。それに代わる商品ですから期待しないわけにはいきません。
今回はボルヴィックと合わせます。

f:id:minamimachida0706:20170209223216j:plain

ジャパニーズウィスキーですのでいつもの通りハーフロックです。

f:id:minamimachida0706:20170209223234j:plain

グラスは以前ニッカのおまけで付いてきた物です。「NIKKA WHISKY」と表面に書いてあります。

f:id:minamimachida0706:20170209223252j:plain

全体的にスッキリ感はありますが、「ブラックニッカ8年」にあったいかにもニッカというスモーキーさは影を潜めているように感じられました。全体的にオールドに似た味わいです。45%という度数のせいか刺激が強く感じられました。
ドラマの中でマッサンは戦後の混乱期に出資者より3級酒の発売を求められ、苦悩の末画期的商品を開発することに成功します。(史実はかなり違うらしい)現在のニッカのブレンダーも原酒不足という混乱期にかなり苦悩したことがうかがえます。


恐らくあと数年すればハイボールブームの頃に仕込んだ原酒が熟成を終え、商品となって世に出てくると思われます。その時どのようなラインナップとなるか楽しみです。

 

◆ライバルであるサントリーの代表的ブランドの意外な歴史の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 ◆「ブラックニッカならこれ」という記事

minamimachida0706.hatenablog.com