読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

【御朱印】ミシュラン三つ星の東慶寺には「わび・さび・幽玄」といった日本独自の禅の美しさが満ちていた

以前にも書きましたように、フランスのタイヤメーカーであるミシュランが発行する旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド」では旅行者にお勧めの場所が記載されています。そしてその中でも特にお勧めの場所には三つ星から一つ星までの星の数でランク分けされています。
☆☆☆ わざわざ旅行する価値がある
☆☆  寄り道する価値がある
☆    興味深い
星なしであってもガイドブックに掲載されていればミシュランとしてはお勧めの場所であって、決して行く価値がないということではありません。


鎌倉で三つ星獲得した報国寺をご紹介した際、当ブログで記載した場所がどのくらい掲載されたか書きました。

  しかし記載漏れやその後ご紹介した場所も多々あることから改めて全部調べ直してみました。

浅草寺   ☆☆
上野東照宮 ☆☆
不忍池   星なし
水観音堂 星なし
アメヤ横町 ☆
増上寺   ☆
泉岳寺   星なし
高尾山   ☆☆☆
鶴岡八幡宮 ☆
報国寺   ☆☆☆
杉本寺   ☆☆
長谷寺   ☆☆
大仏    ☆☆
銭洗弁財天(近日掲載予定)☆☆
円覚寺   ☆☆
明月院   ☆☆
建長寺   ☆☆
円応寺(近日掲載予定)☆
江の島   星なし
記念艦三笠 星なし
箱根神社  ☆
旧東海道  ☆☆
大山寺   星なし
大山阿夫利神社からの眺望 ☆☆
善光寺   ☆☆☆
鳥取砂丘  ☆☆
松江城   ☆
足立美術館日本庭園 ☆☆☆
出雲大社  ☆☆
鳥取砂丘松江城足立美術館は「ベタ踏み坂」の記事にて記載
ミシュラン・グリーンガイドではフランス人と日本人からなる12人の編集チームが評価をしているということです。全体的には人気に流されることなくよく見ているなと思いますが、外国人の評価が入ることにより日本人にとって少し意外な格付けがなされている場所があります。


円覚寺建長寺明月院といった超人気スポットを抑えて三つ星を獲得した北鎌倉の東慶寺を本日お参りしてきました。
東慶寺は言わずと知れた「縁切り寺」です。女性の側からは離婚できなかった時代に、ここに駆け込めば離婚できるという女性にとっての最後の砦であり続けました。
明治になって縁切り寺法が廃止となって女性の側からの離婚ができるようになり、明治35年に尼寺としての歴史も閉じた東慶寺は今度は禅寺として新たな歩みを始めます。


北鎌倉駅から鎌倉方面に交通量の多い通りを進みますが、踏切を渡る直前に右折するといきなり別世界になります。

f:id:minamimachida0706:20170126000548j:plain

狭い階段と狭い山門から女性を守る最後の砦としての気構えがうかがえます。

f:id:minamimachida0706:20170126000606j:plain実際に駆け込みがあった場合は一旦御用宿で預かり、家庭裁判所における離婚調停のようなことが行われました。どうしても男が離婚に応じない場合のみ足掛け三年女性を寺で預かって離婚を成立させたのです。


本堂に向かう参道の両側には梅の木が植えられています。ほんの少しだけつぼみがほころびかけている状態でした。

f:id:minamimachida0706:20170126000657j:plainすぐ左手の鐘楼です。1350年の物です。

f:id:minamimachida0706:20170126000716j:plain茶室の「寒雲亭」です。非公開なのが残念でした。

f:id:minamimachida0706:20170126000739j:plain本堂です。ご本尊の釈迦如来像をしっかりと拝めます。

f:id:minamimachida0706:20170126000757j:plain金仏です。

f:id:minamimachida0706:20170126000814j:plainこれも茶室の「白蓮舎」と菖蒲畑です。非公開なのが残念です。

f:id:minamimachida0706:20170126000834j:plain松ヶ岡宝蔵です。

f:id:minamimachida0706:20170126000854j:plain敷地の奥から山門方向に振り返った風景です。正面の山の中腹に屋根が見えますが、円覚寺内の帰源院と思われます。明治27年にここに夏目漱石が止宿して円覚寺に参禅しました。

f:id:minamimachida0706:20170126000911j:plain石段の下にある夏目漱石参禅百年記念碑です。

f:id:minamimachida0706:20170126000935j:plain大正元年に漱石は二度目の参禅をしますが、同行した満鉄総裁の中村是公とこの場所で連れションをしたということです。


敷地としてはそれ程広くなく、また華やかさは全くありません。しかし全体的に「わび・さび・幽玄」といった禅の世界の美しさが感じられ、空気が冷え切っていたこともあって周囲と全く異なる雰囲気となっていました。(写真の腕が悪く、上手く写せていませんが。)そういった日本独自の美が感じられる空間という事で三つ星という評価になったのではないでしょうか。これから梅の花が咲くと一段と美しくなると思います。

平日という事で場内は閑散としていましたが、入場者の大半が本格的カメラを構えてほころびかけた梅の花を狙っていました。


御朱印は松ヶ岡宝蔵で頂けます。

f:id:minamimachida0706:20170126000956j:plain

ミシュラン三つ星にふさわしい美しい御朱印を頂きました。

 

◆もう一つのミシュラン三ッ星である報国寺の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 ◆本堂に向かう参道が東慶寺とそっくりだった世田谷の九品仏の記事

 

minamimachida0706.hatenablog.com