読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

【御朱印】箱根湯本の玉簾神社は九頭龍神社の分社で強力な縁結びの神様だった

小田急ロマンスカーの終点である箱根湯本は駅前に土産物屋が軒を連ねていて大変に活気があります。各分野の名店が揃っているため1年中常に賑わっており、そのため箱根湯本と言えばついつい駅周辺の商店街ばかりイメージしがちになります。しかし一歩裏側へ入ると全然違う世界が広がっているのです。


国道1号線を箱根方面に進み商店街を抜けると「滝通り温泉郷入り口」という看板があります。土木遺産の旭橋まで行ってしまったら行き過ぎですから注意してください。ここで国道1号線から離れます。

f:id:minamimachida0706:20170122225902j:plain国道1号線から一歩裏側へ入ると駅周辺とは全く雰囲気の違う、静かで少しレトロな雰囲気の旅館街となります。

f:id:minamimachida0706:20170122225918j:plain須雲川沿いには由緒ありそうな旅館やホテルが立ち並んでいます。

f:id:minamimachida0706:20170122225935j:plain温泉郷の最も奥にあるのが天成園です。

f:id:minamimachida0706:20170122225951j:plain今回ここまでやってきたのは天成園に宿泊するためではなく、敷地内の玉簾神社をお参りするためでした。玉簾神社は芦ノ湖の神様である九頭龍明神を祀る唯一の分社です。


火災で焼失していた浅草寺の雷門を寄進したのは松下幸之助ですが、箱根神社の場合西武グループの堤一族が登場します。創始者の堤康次郎氏は箱根神社奥宮を寄進し、息子の堤義明氏は荒廃していた九頭龍神社本宮を再建しました。そして九頭龍神社の周辺の土地一帯を西武グループで買収してしまったのです。現在九頭龍神社は箱根園の敷地内にある「箱根九頭龍の森」の中にあり、500円の入園料が必要となっています。西武グループが全国にプリンスホテルを建て、遂にはプロ野球球団を持つまでになったのは龍神様の御利益なのかもしれません。(堤一族が没落するのも早かったですが。)それだけのパワーのある九頭龍明神の分社ですから玉簾神社は縁結びの神として崇められています。


天成園の脇の道を奥に進み、庭園に入るとまず「飛烟の滝」があります。

f:id:minamimachida0706:20170122230024j:plain
ここでは「玉簾の湧き水」を飲むことができます。

f:id:minamimachida0706:20170122230043j:plain

f:id:minamimachida0706:20170122230058j:plainさらに奥に進むと与謝野晶子も愛した玉簾の滝があります。

f:id:minamimachida0706:20170122230122j:plain玉簾神社は二つの滝の間に位置しています。

f:id:minamimachida0706:20170122230140j:plain

ここから落石の危険もあるような急な階段を登らなければなりません。

f:id:minamimachida0706:20170122230206j:plain

f:id:minamimachida0706:20170122230223j:plain

f:id:minamimachida0706:20170122230248j:plainこちらが本殿です。

f:id:minamimachida0706:20170122230310j:plainちなみにそれだけパワーのある九頭龍神社の唯一の分社を敷地内に持つということですから天成園も西武グループであるに違いないと思って調べたのですが、現在は「万葉の湯」のグループに属していて西武のせの字も出てきませんでした。(開業当初はどうだったかはわかりません。)


御朱印は庭園入り口の「草庵」で頂けます。昨年8月にお参りした際頂きました。閉まっている時もあるようなのでご注意下さい。こちらでは3種類頂けました。

f:id:minamimachida0706:20170122230335j:plain

九頭龍神社の御朱印です。

f:id:minamimachida0706:20170122230355j:plain

「縁結び」の御朱印です。

f:id:minamimachida0706:20170122230412j:plain

「夢叶う」と書かれています。

尚、駐車場は天成園の駐車場を利用することになります。一番手前の平面式の場合30分以内は無料で、それ以上は500円だったと記憶しています。

 

◆九頭龍神社・箱根神社関連の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 ◆等々力渓谷の不動の滝に驚かされた記事

 

minamimachida0706.hatenablog.com