読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

日本の代表的高級ウィスキーのオールドには意外な黒歴史があった

最寄りのドン・キホーテサントリーのオールドがちょうど手頃の値段だったので買ってきました。
オールドは角瓶と並んでジャパニーズウィスキーを代表するブランドですが、「今は飲めなくても係長になったら角瓶を、課長になったらオールドを」という言葉にある通り国産高級ウィスキーの代名詞的存在でした。かつては高額の税金がかる輸入ウィスキーに代わる存在として売れに売れ、最盛期には日本のウィスキーの売り上げの四分の三がオールドだったといいます。


ウィスキーは仕込んでから製品になるまで時間のかかる商品であり、売れたからといって急に増産できるものではありません。オールドが急増する国内需要をカバーできたという事の裏には黒歴史といってもよい事実があったようです。


1981年当時のサントリーの内部資料によるとオールドの成分構成としてはモルト27.6%、穀物アルコール45.1%、水26.1%、甘味果実酒0.8%、リキュール0.6%、カルメラ0.6%だったといいます。穀物アルコールは樽貯蔵されていませんから本来ならウィスキーと呼んではいけないものでした。そしてウィスキー本来の色と味わいを出すためには着色や風味付けが必要でした。
ブレンデッドウィスキーとはモルトウィスキーとグレーンウィスキーをブレンドしたものですが、サントリーでグレーンの製造ができるようになったのは知多蒸留所が稼働する1972年以降です。グレーンの熟成が進む1980年代まではまともなブレンデッドウィスキーを製造できる体制ではなかったと言えるかもしれません。


外圧により2度にわたり酒税が改正された結果品質の良い輸入ウィスキーがこれまでより低価格で流通するようになった結果、オールドの売り上げが輸入ウィスキーに奪われるようになりました。そのためオールドに対し改良に改良を重ねて現在に至っているのです。


オールドと言えばやはりこのボトルのデザインが印象に残ります。

f:id:minamimachida0706:20170120212619j:plain1950年の発売開始からほとんど変わっていないと思いますが、その上質感・高級感は現在でも立派に通用します。


今回もサントリー南アルプスの天然水」と合わせます。

f:id:minamimachida0706:20170120212637j:plain

ジャパニーズウィスキーはハーフロックで飲みます。オールド50周年記念のグラスです。

f:id:minamimachida0706:20170120212652j:plain

飲んだ時の率直な印象として「薬臭さを感じる直前のギリギリの味」だと思いました。角瓶をより洗練させたシャープな味わいですが、これ以上研ぎ澄ますことは危険といった印象です。
日本人に合ったウィスキーを目指す中で国際的なコンテストで最高点を取るなどサントリーのウィスキーに対する世界の評価は高まっています。今や手頃に飲めるウィスキーとなったオールドが今後どのように進化するか注目したいと思います。

 

◆オールドと並ぶサントリーの2枚看板である角瓶の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 ◆対抗するニッカの代表ブランドであるブラックニッカシリーズの記事

minamimachida0706.hatenablog.com