読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

【御朱印】豊川稲荷東京別院の御朱印帳は評判通りデザインも紙質も最高だった

8月14日に高尾山で頂いた3冊目の御朱印帳があと一つで一杯となる段階で4冊目はどこで頂こうかと考えてきました。御朱印帳もまた重要な意味を持っています。私が御朱印集めにここまではまった要因の一つは善光寺で頂いた最初の御朱印帳にあったと思います。

f:id:minamimachida0706:20161218223808j:plain

デザインも質感も素晴らしく、また紙も厚みのあるものが二枚重ねになっているので墨が裏まで染みてしまうということがなく、表裏を全て埋めることができました。そのためより一層御朱印に愛着が持てるようになれたのだと思います。
はてなブログの諸先輩方の中には御朱印帳についての情報提供をされている方も大勢いらっしゃいますが、その中で下記の記事を参考にさせて頂き4冊目を豊川稲荷東京別院で頂くこととしました。ありがとうございました。

www.gosyuinncho.com


松陰神社で頂いた御朱印で3冊目が一杯となり、その後世田谷ボロ市を見物した後世田谷線田園都市線を乗り継いで永田町に向かいました。豊川稲荷は徒歩5分くらいの場所にあります。近代的高層ビル群のど真ん中に山門が見えてきました。

f:id:minamimachida0706:20161218223859j:plain

外回り中のサラリーマンや休憩中のOLと思われる人々が次々と出入りしています。誰もが山門を通る時は一礼していました。オフィス街の神社で1月4日に見られる光景がここでは日常的であるようです。さぞかしご利益があるのだろうと期待してしまいました。

 

本殿です。お稲荷さんということで両脇に狛キツネが控えています。

f:id:minamimachida0706:20161218223941j:plain本殿は中に入って拝むことができます。お札、お守りも本殿内で頂けます。御朱印帳も4種類置いていました。

f:id:minamimachida0706:20161218224005j:plainお稲荷さんと言ってもここでは仏教の神様であるダキニ天をお祀りしており、伏見稲荷系列の神社とは異なっています。


奥の院です。鳥居もありましたので神仏習合の名残かもしれません。

f:id:minamimachida0706:20161218224032j:plain三神殿です。

f:id:minamimachida0706:20161218224058j:plain願いの叶ったお礼として伏見稲荷における千本鳥居の代わりにここでは千本幟がひるがえっています。

f:id:minamimachida0706:20161218224121j:plain目黒不動尊にあった縁結びをもたらす愛染明王像がここにもありました。

f:id:minamimachida0706:20161218224142j:plain敷地内はキツネと千本幟で埋め尽くされていました。

f:id:minamimachida0706:20161218224209j:plain都心部のど真ん中ということで敷地はそれ程広くはありませんでしたが、その中に神様やら仏様やらが一杯詰め込まれたような何とも不思議な空間でした。プーチン大統領来日中ということで塀の外側では右翼の街宣車が走り回っていましたが、その喧騒とは一線を画した静かな世界だったと思います。


朱印帳は赤系2種類、青系2種類の計4種類あって悩みましたが、渋さより華やかさを選びました。

f:id:minamimachida0706:20161218224311j:plainデザインも髪質も素晴らしい上に手触りが良くて愛着が持てそうです。縦18㎝横12cmで、この位の大きさが一番いいと思います。

f:id:minamimachida0706:20161218224338j:plain

まさに芸術的な御朱印を頂きました。

 

◆この後気が付いた御朱印帳の新しい選び方の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

日本橋のコレド・ユイトの谷間にある福徳神社の記事

 

minamimachida0706.hatenablog.com