読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

しぶそばの舞茸天そばは好評につき舞茸が入荷待ちとなっていた

秋が深まってきて各地の紅葉の名所が次々と見ごろになってくると食べ物も一段と美味しくなってきました。私の勤務先の不動産会社にも地元の地主様から「皆様で召し上がってください」と柿やら林檎やらが連日持ち込まれ、思わず悲鳴を上げたくなるような状況になっています。


「新米」はいつも気にしていましたが、そば好きにとっては今は「新そば」の季節であるようです。春に種をまいて夏に収穫する「春蒔きそば」というのもあるようですが、8月に種をまいて晩秋に収穫するのがそばの主流だそうです。
そばと言えば駅そばばかりで、ちゃんとしたそば屋に入ることのほとんどない私にとって「新そば」というのは全く縁のない存在でしたが、以前もご紹介したしぶそばの店頭に「新そば祭り」の看板が出されて何やら気になってきました。

f:id:minamimachida0706:20161126221509j:plain「新そば」を売りにした「駅そば」は初めてですし、同様にデカデカと看板の出ている「舞茸天そば」も旨そうです。既に書きましたようにしぶそばの「おすすめ天そば」は天ぷらの旨さが特に印象に残りました。

 

 箱根そばの舞茸・春菊天そばは全く期待外れでしたが、あのしぶそばだったらどうなるだろうかとついつい期待してしまいます。今日は晩飯はしぶそばと朝から決めてしまいました。普段は家を出る時炊飯器をセットしていくのですが、こういうときは何もしません。


そういう訳で帰宅途中、しぶそばの中央林間店に再びやってきました。
食券の自販機の前で一人のオッサンが斜め左方向を見たまましばし立ち尽くしています。(一枚目の写真に写っている方とは別です)立ち食いそば屋や牛丼屋の食券の自販機の前で何を買うか悩みぬいている人を見ると後ろから蹴りを入れたくなる私ですが、順番が来てつい左を見ると写真のような光景が目に飛び込んできました。オッサンが立ち尽くしていたのも頷けます。

f:id:minamimachida0706:20161126221622j:plain

今日のブログには舞茸天そばの記事を書こうと朝から決めてかかっていたのでここはどうすべきか頭の中で瞬時に考えを巡らせたのですが、とりあえず別のそばを食べようという結論にたどり着くまで時間はかかりませんでした。旨ければそれを記事にしたら良いのです。ということで駅そばの王道であるかき揚げそばを注文しました。

f:id:minamimachida0706:20161126221645j:plain

しぶそばのかき揚げは普通のそば屋と違い、ごぼうとキノコと青菜です。以前別のうどん屋で噛み切るにも苦労したごぼうの天ぷらを食べたことを思い出しましたが、食べてみるとサクサクしていて美味でした。つゆに浸してほぐしてからそばとからめても美味しく頂けます。やはりしぶそばは天ぷらが美味い店なのです。おすすめ天そばの時は天ぷらの味しか印象に残りませんでしたが、今回はそばもしっかりと味わうことができたのは「新そば」のおかげだったのでしょうか。


想定外の展開となりましたが、ともかく美味しく頂きました。

f:id:minamimachida0706:20161126221702j:plain

「舞茸が入荷待ち」という黄色い紙はいったいいつ剝がされるのでしょうか。しばらくは毎日のぞいてみるしかなさそうですし、当分の間炊飯器をセット しないで家を出る日々が続きそうです。

 

 ◆併せてぜひお読みいただきたいしぶそばの記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 

minamimachida0706.hatenablog.com