読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

【御朱印】千年以上秘仏である浅草寺の御本尊は実在するのか?

浅草は日本を代表する観光地であり浅草寺は日本の寺院の中で恐らく最も有名なのではないかと思います。周辺では大型観光バスが常に何台も停まっており、そこから降り立った世界中から来た観光客でいつも混雑しているスポットとなっています。

f:id:minamimachida0706:20161029210320j:plain東京に住んでいると東京の観光地に行かないものだと言いますが、私も最近まで行ったことがありませんでした。テレビの街歩き番組ではしょっちゅう取り上げられていましたが、それだけでは特に行ってみようとは思いませんでした。浅草は東京の東部ですが私の住む町田は真逆の方向にあるので少し遠いのです。
賃貸マンションの営業をしていたとき、夕方に本所吾妻橋の物件をご案内したことがありました。その日はそれで直帰ということにしており、ちょうど浅草演芸ホール春風亭小朝が出るというので聴きに行ったのが私の浅草デビューです。寄席が目当てだったのでお参りはしませんでしたが、街の雰囲気には魅力を感じました。

 

628年に隅田川で漁をしていた兄弟の網に観音像がかかりました。これを見た兄弟の主人が自宅を寺に改め本尊として祀ったのが浅草寺の起源であり、東京都内で最古の寺院であるとされています。世界最古の木造建築とされる法隆寺の創建が607年、聖徳太子が亡くなったのが622年ですからほぼ同時代と言ってよく、一体どれだけ古いんだと言いたくなります。
平安時代の中期には大規模な伽藍が整備され、ほぼ現在の形になったと言われています。


本尊の聖観音像は高さ一寸八分(約5.5センチ)と伝えられ秘仏とされています。浅草寺では年に一度12月13日に御開帳が行われますが、これは857年に本尊を模して造られた前立本尊であって御本尊ではありません。
千年以上の長期にわたって秘仏とされてきたためその存在が疑問視され、徳川幕府や明治政府といった時の権力者との間で「見せろ」「見せない」といった攻防があったようです。
明治政府の役人が帰った後、「住職でありながら本尊の有無を確認していないのは無責任」ということで当時の住職が仏罰を覚悟の上で厨子の扉を開いたところ、伝承通りの高さの観音像があったと言われています。


浅草の象徴である雷門は365日いつ行っても混みあっています。

f:id:minamimachida0706:20161029210414j:plain仲見世を抜けると前方に宝蔵門があります。

f:id:minamimachida0706:20161029210430j:plain威風堂々たる建物です。
ビルの間からスカイツリーが見えます。

f:id:minamimachida0706:20161029210450j:plain本堂です。

f:id:minamimachida0706:20161029210506j:plain
御朱印は本堂横の影向堂で頂けます。このときはゴールデンウィークだったので境内は人であふれており、40分程度待ちました。御朱印の持つ意味を懇切丁寧に説明した文書を挟んでくださいましたが、「御朱印はスタンプラリーではありません」という一文が胸に沁みました。

f:id:minamimachida0706:20161029210834j:plain

さすが浅草寺です。芸術的な御朱印を頂きました。

 

戦争時のお参りの後浅草演芸ホールに向かいました。ゴールデンウィーク中は昼席が「笑点」でお馴染みの林家木久扇、夜席が人間国宝柳家小三治がトリというのが定番のようです。無茶苦茶に混んでいましたがどうにか席を確保し、人間国宝の芸を堪能しました。

 

 

浅草寺と同様にメジャーな観光地である鶴岡八幡宮の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 ◆すぐお隣に鎮座する浅草神社の記事

minamimachida0706.hatenablog.com