読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

用賀PAはちっぽけだが重要度はとても重い

これまで何回かご紹介したように高速道路におけるサービスエリアの設備の充実ぶりは目を見張るものがあります。以前は単に休憩し、トイレを済ませ、空腹を満たし、給油をするだけの場所だったのが、サービスエリアでの滞在自体を楽しめるように変わってきています。

 首都高速にも要所要所にPAが置かれています。横浜ベイブリッジ直下の大黒PAや4号上り線の代々木PAは目立つ存在ですが、それ以外のPAを利用されたことはあるでしょうか。
横浜町田ICから東名高速の上り線に乘る場合、下り線での海老名SAのような役割を果たしてくれる場所がありません。そのため事前に給油と食事を済ましておきます。都心部に用がある場合はそれで問題ありませんが、5号池袋線を利用する場合や高速川口線を通って東北道に出る場合は事情が変わってきます。中央環状線が全通した現在ではルート選択が重要で、必ず用賀PAで最新の道路情報を確認するようにしています。
10月19日に東北道の佐野藤岡ICを目指して東名に乗り、途中の断続渋滞に悩まされながらも予定通り用賀PAに入りました。

f:id:minamimachida0706:20161021212731j:plain用賀の象徴である世田谷ビジネススクエアです。

f:id:minamimachida0706:20161021212747j:plainひょっとすると気付かずに通り過ぎている人も多いのではないかと思うほど平面上ではちっぽけなPAです。

f:id:minamimachida0706:20161021212811j:plainここは高速バスの停留所もあります。

f:id:minamimachida0706:20161021212832j:plainちょうど高速バスが入ってきました。

f:id:minamimachida0706:20161021212851j:plain用賀PAは高速バスから田園都市線用賀駅への乗り換え口という役割もあるのです。高速バスのバス停は大抵不便な場所にありますから、これは有難いですね。
ちなみに田園都市線から高速バスへの乗り換えはできません。

f:id:minamimachida0706:20161021212942j:plain平面上ではちっぽけですが、実はこのような三層構造になっているのです。

f:id:minamimachida0706:20161021213009j:plain三階のレストフロアではドリンクや軽食の自販機があり、椅子とテーブルもあってきちんと休憩することもできます。

f:id:minamimachida0706:20161021213041j:plainここを過ぎると当分の間食事もトイレもできません。
出発前に自宅で見た道路情報では中央環状線が渋滞し、都心環状線がスムーズな流れになっていました。しかしここで見た情報では中央環状線の渋滞が解消し、都心環状線で渋滞が発生しています。

f:id:minamimachida0706:20161021213102j:plain断続渋滞にはまっている間に状況が変わったのでしょう。そのため大橋ジャンクションから中央環状線に入ることに決定しました。
20数年前私は栃木県の黒磯市に住んでいて、実家のある多摩市に帰るため東北道那須ICと中央道の国立府中ICの間を頻繁に往復していた時期があります。私が国立府中から高速に乗るとなぜか箱崎で事故が起こるという妙なジンクスがありましたが、当時は何が起ころうがとにかく箱崎を通るしかありませんでした。中央環状線のおかげでルートの選択肢が増えた現在では最新の道路情報を知ることの重要性ははるかに増大しました。4号新宿線における永福PA、3号渋谷線における用賀PA、どちらも地味な存在ですが私にとっては大切な場所になります。
ちなみに用賀PAに入るには料金所で一番左のレーンを通る必要がありますのでご注意ください。

f:id:minamimachida0706:20161021213135j:plain用賀を出発すると次は東北道の蓮田SAまで休憩できません。

 

◆AT車の運転には「左足ブレーキが有効」という記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 ◆もはやテーマパーク状態の羽生PA(上り)の記事

minamimachida0706.hatenablog.com