読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

【御朱印】出雲大社のようにグレードの高い神様の御朱印はシンプルだ

今年も早いもので10月になりました。10月は神無月とも呼ばれ、日本中の神社から神様がいなくなると言われています。では神様はどこへ行っているかというと、出雲に集結して会議を開いているそうです。他の地域では神様が留守にしている10月を、神様が集っている出雲では神在月と呼んでいます。


改めて言うまでもなく出雲大社は縁結びの神様として最も知られた神社です。旅番組などでも取り上げられることも多く関心もありましたが、何しろ東京からは遠い。何かのついでに行けるような場所ではないためいつもそのまま忘れ去っていました。しかしひょんなことからその「何かのついで」ができてしまいました。毎年6月に実施される社員旅行の行き先が鳥取と決まったのです。
2泊3日で鳥取に行って鳥取だけ見て帰ってくる人はまずいないでしょう。当然のことながら出雲大社も予定に組み入れられ、かくして最終日の6月23日に念願のお参りをすることができました。


駐車場に車を入れると正面に巨大な日章旗が翻っています。

f:id:minamimachida0706:20161005170605j:plain「NHKの放送開始と終了の時日の丸が映る。あれはこの旗だ。」という話をまことしやかに聞かされましたが、どうやらこれはデマのようです。

f:id:minamimachida0706:20161005170624j:plainみんなぞろぞろと正面の神楽殿に向かいますが、他の人に合わせていては御朱印を頂き損ねる恐れがあるので、私は最初から単独行動をとりました。
正面の鳥居です。これは二の鳥居です。

f:id:minamimachida0706:20161005170651j:plain背後には出雲駅伝のコースにもなっている神門通りが伸びています。奥に見える石の鳥居が一の鳥居です。

f:id:minamimachida0706:20161005170711j:plain散策してみたかったのですが、集合時間に遅れる恐れがあったので我慢しました。
拝殿です。まずここでお参りします。当然二拝四拍手一拝です。

f:id:minamimachida0706:20161005170730j:plain出雲大社の御朱印は御本殿と神楽殿の2種類いただけますが、御本殿の御朱印は拝殿の裏で頂けます。
拝殿の奥に御本殿があります。

f:id:minamimachida0706:20161005170750j:plain内部には入ることができないので周囲を一周することになります。

f:id:minamimachida0706:20161005170821j:plain

f:id:minamimachida0706:20161005170846j:plain実は御本殿の神様は正面ではなく西側を向いていて、そのため正面でお参りした後西側から再びお参りすると良いそうです。
伊勢神宮式年遷宮と同様に出雲大社平成の大遷宮も話題になっていました。伊勢神宮の場合旧殿舎の隣に全く同じ新殿舎を造り替えます。そのため殿舎の隣には同じ広さの敷地があります。しかし出雲大社にはそのような敷地はなく、どこから移したのだろうと疑問が湧きました。
調べてみると拝殿を御仮殿として神様を拝殿に移し、社殿を修造して再び神様に戻っていただくというやりかたをとるようです。


御本殿から橋を渡ると神楽殿があります。

f:id:minamimachida0706:20161005171006j:plain出雲大社として最初に浮かぶイメージはこの写真ではないでしょうか。
神楽殿でも御朱印がいただけます。

f:id:minamimachida0706:20161005171041j:plain

箱根神社のところで書きましたが、グレードの高い神社の御朱印はとにかくシンプルです。2種類いただけることがあらかじめ分かっていたので現地で戸惑わずに済みました。
今頃は出雲に八百万の神様が集結して「誰と誰をくっつける」というような話し合いをしているのでしょうか。今年になってから随分とあちこちの神様にお願いしてきました。そろそろ期待してもいいのでしょうか。

 

◆同じく大変シンプルな箱根神社の御朱印の記事 

minamimachida0706.hatenablog.com

◆CMでもおなじみの「ベタ踏み坂」は島根に実在した!

minamimachida0706.hatenablog.com