読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

【御朱印】皇城の鎮である日枝神社に行ってきた

 私は中学・高校の頃よくサントリーホールにクラシックのコンサートに行っていました。当時は現在のように地下鉄網が整備されてはいなかったので赤坂見附から歩いていましたが、赤坂東急ホテルがあり、後に火災を起こすホテルニュージャパンがあり、その隣に随分立派な神社があると思っていました。それが今回ご紹介する日枝神社です。


世間的にはシルバーウィークとなっていますが不動産会社勤務の私には縁がなく、相変わらず水曜日が休みという生活です。今週は何をするか何通りかのパターンを考えた結果大宮の寺へ行くことにしました。お盆に寺院に行っても御朱印をいただけない場合があるというのはこの夏散々思い知らされたことですが、このお寺も空振りに終わった場所でした。


お盆も終わったことだし大丈夫だろうと安心しきって再び大宮を訪れたのですが、秋分の日の前後3日間はお彼岸でやはり寺が忙しくなる時期だったとは夢にも思っていませんでした。目にしたのは「お彼岸の期間中は御朱印は書置きにさせて頂きます」という張り紙でした。これからは事前に電話で確認した方がいいかもしれません。どうしても御朱印帳に書いて頂きたかったのでまた出直すことにします。
そのまま帰るのも嫌なので前夜考えたパターンの中から日枝神社へいくこととし、新橋経由で溜池山王へ向かいました。


日枝神社は皇居の裏鬼門を守る神社として知られています。仕事運・出世運・縁結び・安産や子育てと様々なご利益が知られています。
駅を降り立つと目の前に首相官邸がそび立っています。

f:id:minamimachida0706:20160921205302j:plain政治の中心らしく議員会館も連なっています。

f:id:minamimachida0706:20160921205327j:plain以前市議会議員選挙に出ることを本気で考えていたことがあり、その時地元選出の衆議院議員を訪ねて一度だけ中に入ってことがあります。入国審査のような窓口で職員から要件を聞かれ、エックス線による手荷物検査がありました。まるで空港のようでした。選挙は土壇場で思いとどまりましたが、今ではそれで良かったと思っています。
日枝神社は以前と変わらぬ場所に鎮座していました。鳥居の先がとがっているのは比叡山を意味するそうです。

f:id:minamimachida0706:20160921205347j:plain上りはエスカレーターも利用できます。例えは悪いですが遊園地でゴンドラに乘っている感覚です。

f:id:minamimachida0706:20160921205407j:plain立派な神門です。奥ではお宮参りの人たちが写真撮影をしていましが、その中には大物政治家の姿もありました。

f:id:minamimachida0706:20160921205443j:plain神門の裏です。額に「皇城之鎮」という字が見えます、「こうじょうのしずめ」と読むようです。

f:id:minamimachida0706:20160921205904j:plain

社殿には狛犬ではなく猿が置かれています。そのため申年最強のパワースポットと呼ばれています。ここでは猿が神様と人間の橋渡し役なのです。

f:id:minamimachida0706:20160921205535j:plain向かって右がオスの猿です。

f:id:minamimachida0706:20160921205943j:plain向かって左がメスの猿です。子ザルを抱いています。

f:id:minamimachida0706:20160921211311j:plain社殿に向かって右奥に末社があります。神社内で最も強力なパワースポットだそうです。

f:id:minamimachida0706:20160921210934j:plain御朱印を頂く際の番号札も立派です。単なるプラスティックの番号札ではありません。

f:id:minamimachida0706:20160921211014j:plain
御朱印をお願いすると栞とストラップをいただけます。

f:id:minamimachida0706:20160921211035j:plain

f:id:minamimachida0706:20160921211101j:plain

大変力強い御朱印をいただきました。

 

 ◆この日お参りするつもりだった安楽寺の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 

◆同じ東京十社の芝大神宮の記事 

minamimachida0706.hatenablog.com