読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

【御朱印】関東最強のパワースポットの三峯神社で苦しい時の神頼み

 

「苦しいときの神頼み」という言葉があります。意味を調べると「ふだんは信仰心を持たない人が、病気や災難で困ったときだけ神仏に祈って助けを求めようとすること。」と書かれていました。どちらかというと皮肉たっぷりで、完全に否定的な意味で書かれています。しかし私は声を大にして言いたいと思います。本当に苦しいとき祈る以外に何ができるのでしょうか。人間というのは弱いもので、苦しいときは何かに頼らないわけにはいきません。人類の歴史は宗教の歴史でもありますが、それはこんなところからきているのかもしれません。


秩父三峯神社は「関東最強パワースポット」と呼ばれています。テレビで取り上げられているのを見たこともありますが、山の上にあって霧の中にそびえる姿は神々しさがありました。毎月1日はここで配布される白いお守りをもらうために大混雑するそうです。一度行ってみたいとは思っていたのですが、秩父鉄道の三峯口から延々と山道を登らなければならないようで、とても簡単には行けそうもなく躊躇していました。


昨年の7月11日(土)、会社に出て事務処理をしていたのですが、その時ふと「今から行ってみるか」という考えが浮かびました。甲府あたりまで行って一泊し、早朝に出れば日曜日のうちに帰ってこられるでしょう。関東最強のパワースポットでいろいろなモヤモヤを吹き飛ばしてしまいたかったのです。
翌日甲府から国道140号線をひたすら走ってたどり着いた三峯神社は「関東最強」というのにふさわしい堂々とした姿でした。

f:id:minamimachida0706:20160910214700j:plain

本殿の前の拝殿で一心不乱に祈り、横の社務所でご朱印を頂きました。
そのまま奥に進んでいくと「えんむすびの木」というものがあり、好きな人の名前を備え付けの紙に書いてお納めし、この御神木にお願いすると結ばれるといいます。当時仲良くなりかけていた取引先の担当の女性の名前を書いたのは失敗でした。
三峯神社には本殿の他に、雲取山、白岩山と並ぶ三峯三山の一つである妙法ケ岳山上に三峯神社奥宮が鎮座しています。神社から1時間半程度ということで私も挑戦しましたが、熊も出没するという山奥の険しい道で、前後を見るとみんな登山靴を履き、リュックに熊よけの鈴をつけている本格装備の人ばかりでした。それでも抜くことはあっても抜かれることはなく、1時間ちょっとでたどり着いたので、私の体力はまだまだ30代くらいで通用するかなと思います。
下山してから再び社務所に向かい、今度は奥宮のご朱印をいただきました。

f:id:minamimachida0706:20160910214732j:plain

結果として見開きになりました。「関東最強」にふさわしい力強い御朱印です。


ネットに「お参り前に知っておきたい10のこと」という記事がありました。三峯神社の神様は強い意志の持ち主を後押しする神様で、心が弱っている人を受け入れるタイプではないそうです。帰ってきてから知りました。それにしても色々な神様がいるものです。たとえそうであっても苦しい時は祈るしかないのです。

 

◆併せてぜひお読みいただきたいパワースポットの記事

minamimachida0706.hatenablog.com 

minamimachida0706.hatenablog.com