読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

ジョニーウォーカーのトワイスアップは公式には「ジョニーウォーター」と呼ぶらしい

ジョニーウォーカーといえばバランタインやシーバスリーガルと並んで日本における高級ウィスキーの代名詞的存在で、レッドラベルは世界で最も売れているウィスキーであるとされています。

f:id:minamimachida0706:20170410234029j:plain

ジョニーウォーカーの歴史は1820年にスコットランドキルマーノックで弱冠14歳のジョン・ウォーカーが小さな食料雑貨店を始めたことから始まりました。この時代は会社の売り上げに占めるウィスキーの割合は8%だったといいますが、息子のアレクサンダーが会社を継ぐとウィスキー事業を世界的規模にまで拡大します。


四角いボトルと24度の角度で斜めに貼られているラベルはこの時代に生み出されました。そうして航海に出る船長に販売を委託するというスタイルで全世界に進出したのです。この時代には売り上げの中でウィスキーの占める割合は90%以上になりました。


アレクサンダーが亡くなって二人の息子が会社を継ぎますが、この時代にウィスキーのブランドがウォーカース・キルマーノック・ウィスキーからジョニー・ウォーカー・ウィスキーに変わります。そして3つの主力ブランド-オールドハイランド、スペシャルオールドハイランド、そしてエクストラスペシャルオールドハイランド-を確立するのです。このスペシャルオールドハイランドが後にレッドラベル、エクストラスペシャルオールドハイランドが後にブラックラベルになります。

またこの時代、漫画家のトム・ブラウンが、ウォーカー兄弟との昼食会で、メニュー裏に描いたスケッチ。その絵が、後に、世界的なブランドマークの先駆けとなる「ストライディングマン」です。

まずはストレートで飲みます。

f:id:minamimachida0706:20170410234128j:plain

やや甘さを伴ったスモーキーさが印象的です。グレンエリスで感じたようなさらさらした甘さではなくややヘビーな甘さが舌の付け根と先端で感じます。ピリピリした刺激はそれほど感じません。飲み込むと喉の奥からかおりが湧いてきて口の中に充満します。


次いで水で割ります。水は秩父山系の天然水です。

f:id:minamimachida0706:20170410234227j:plain

まずは氷を入れないトワイスアップです。ちなみにジョニーウォーカーのHPではこの飲み方はジョニーウォーターとされています。

f:id:minamimachida0706:20170410234318j:plain

水で割ると滑らかさが出てきます。それだけ刺激がとれて甘いスモーキーさがよくわかります。割った方がよく香るように感じました。


次いで氷を入れたハーフロックです。

f:id:minamimachida0706:20170410234410j:plain氷を入れて冷やすとスモーキーさが全て飛んでしまいました。
ちなみにHPではジョニーウォーターには氷を入れないことになっています。もう一つジョニーアイスという飲み方があり、それは氷を一つ口に含み、氷が溶けたらストレートをのむというもので、氷を入れた水割りという考えは公式にはないようです。

 

 

やはりジョニーウォーカーでもトワイスアップ(ジョニーウォーター)がいいようです。


スコッチでも価格の高いシングルモルトを飲むと「お前なんぞに俺の良さがわかってたまるか。出直して来い!」というような癖の強さがありますが、スタンダードなブレンデッドウィスキーのジョニ赤にもその名残が残っていると言えます。
1500円前後で本格スコッチを飲んでいる気分になれるジョニ赤はコストパフォーマンスとしては十分だと思います。

 

◆日本ではジョニ赤と双璧な存在であるバランタインファイネスト

minamimachida0706.hatenablog.com

 ◆日本で高級洋酒といったらますジョニ黒

minamimachida0706.hatenablog.com