読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

グレンエリス(珍しい玉付きウィスキー)

ウィスキー

私の勤務先は町田にありますが、小田急町田駅の改札のそばに成城石井があります。帰りがけにちょっと覗いてみたところ、やはり東急ストアやドン・キホーテと品ぞろえが少し違っています。飲んだことのないものとして選んだのがグレンエリスで、1500円くらいで買えます。
グレンエリスはコニャックの名門であるカミュが手掛けるスコッチウィスキーで、成城石井が輸入しています。ラベルにもキャップにも金色のドラゴンが描かれているのが印象的です。

f:id:minamimachida0706:20160830220410j:plain

キャップをひねるといつものカチッと言う感じではなく、なんか変な感じがします。開けてみると何やら変わったものが入っています。

f:id:minamimachida0706:20160830220444j:plain

下から見ると何とビー玉が見えます。ラムネの栓のようですが、下に落ちてはきません。

f:id:minamimachida0706:20160830220459j:plain
調べてみるとこれは「玉付き」というもので、後から安物の酒を混入されたりしないようにという意味があるそうです。このままでも注げますが。テーブルにぶつける等軽くビンに衝撃を与えるとビー玉は落ちると書かれています。しかしいくらこつこつやっても落ちません。下の階の方から苦情がくるとまずいのでやめました。
いつものようにトワイスアップで飲みます。フォアローゼスのおまけで手に入れた2番目にお気に入りのグラスです。

f:id:minamimachida0706:20160830220625j:plain

やはりバランスの取れた味わいです。デュワーズが舌の上で縦長に味わいが拡がるのに対し、グレンエリスは横幅いっぱいに広がる感じです。甘みを感じますが、デュワーズがバニラの風味なのに対し、グレンエリスは和三盆糖の風味を感じました。


和三盆糖は我が故郷の徳島県で産出される砂糖です。ベタベタせずすーっと消えていくさわやかな甘みが特徴で、和菓子に最適とされています。熊谷にある「人間国宝のかき氷」と呼ばれる「慈げん」では日光の天然氷を削ってその上に和三盆糖の砂糖水をかけて食べますが、氷を美味しいと思ったのは後にも先にもその時だけです。
話がかなりそれましたが、グレンエリスもコストパフォーマンスとしては十分だと思います。

 

minamimachida0706.hatenablog.com

 

minamimachida0706.hatenablog.com