読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と車と御朱印と

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!果たして奇跡は起きるか!

高速のSAで「売り切れ御免」は許されない。佐野実プロデュースの「創彩麺家 野の実」がクリアした難問

先日久しぶりに東名高速足柄SA(上り)を利用しました。当ブログを開設してからは恐らく初めてではないかと思います。 足柄SAは近隣に御殿場プレミアムアウトレットや富士サファリパーク、また芦ノ湖や仙石原といった観光スポットが数多くあるのですが、…

あなたは運転時に今でもちゃんと「目視」をしていますか?

私が教習所に通い始めたのは昭和62年の夏です。当時はAT車限定免許など存在せず、全教習生が当然のごとくMT車で教習を受けていました。この頃既にアクセルとブレーキの踏み間違いによるAT車の暴走事故は頻発しており、対策として所内と路上の最初の1時…

圏央道が渋滞緩和に役立たない公共性のない工事だと言ったのは誰だ!

国道16号線は横須賀から相模原、八王子、埼玉を経由し、千葉に入ってからは柏から木更津までを結ぶ道路です。法的には完全な環状道路で、木更津から横須賀の海上部分はあくまで未供用区間という扱いなのだそうです。 私は祖母のお墓が圏央道日の出ICの近く…

誰でもできる、タイヤの空気圧調整のやり方

1台の車は無数の部品を組み立てることで出来上がっていますが、唯一路面と接しているのがタイヤです。タイヤには車の加重を支える、車の力を路面に伝える、車の方向を変換する、路面からの衝撃を和らげるといった重要な役割がありますが、それだけにタイヤ…

オープンカーが最も真価を発揮するのが冬である理由

私は現在マツダのロードスターに乗っています。初のマツダ車、初のFR、初の6速、初のオープンと初物尽くしの車であり、いろいろ面食らうだろうという事は予想していましたが、一つだけ予想外のことで驚かされました。これまで乗ってきたどの車より暖房が強…

ヒール&トゥができるとMT車の運転が10倍楽しくなる

私が初めて自分の金で車を買ったのは社会人2年目である平成4年の夏です。某タイヤメーカーの本社に勤務していた私は栃木県黒磯市(当時)にある工場への異動を命じられ、人生初の一人暮らしに胸躍らせて引っ越したのですが、やはり車が無いと何とも不便な土…

あなたはちゃんと考えて車のシートを合わせていますか?

高齢者が車を暴走させるという事故のニュースは以前ほど頻繁ではありませんがやはり数多く発生しているようです。こういった事故が多発していることに関し以前「一定の年齢に達したドライバーは更新の度筆記と技能の検定を受けるという制度を導入すべき」と…

スタッドレスタイヤがアイスバーンの上を走ることができる理由

ここ数日来日本中が猛烈な寒波の中に覆われていますが、今日の天気予報では今週の金曜日に関東地方平野部でも雪の恐れという予報が出されました。昨年は何と53年ぶりに東京で11月に雪が降りましたが、夏タイヤの車が坂道で立ち往生している様子が今週末もニ…

東名入口交差点の渋滞が大きく改善した理由

2002年に事業開始となっていた国道16号線東名入口交差点における「町田立体交差事業」ですが、2016年4月24日に本線部分が開通となりました。 ラジオを聴いているとよく道路交通情報が流れますが、東京の局の場合必ず出てくる渋滞の名所が「東名入口交差点」…

佐野厄除け大師への初詣から都内に戻る時、首都高の川口PAが役に立った

2017年の年が明けました。いろいろと思うことはありますが、何はともあれ初詣です。まず最初は地元の神様にご挨拶ということで紅白が終わると同時にと同時に近所の熊野神社に行ってきましたが、一夜明けた今日は前から考えていた通り佐野厄除け大師へいくこ…

「人生一寸先は闇」ということを保土ヶ谷バイパスの渋滞から学んだ

横浜ベイブリッジが開通したのは平成元年9月ですが、その前年に免許を取得していた私は運転が楽しくてしょうがなかった時期であり、実家の車を持ち出して走りに行ったものでした。聖蹟桜ヶ丘の実家からベイブリッジを目指すには鎌倉街道を抜けて鵜野森の交差…

「80歳運転の車、民家に突っ込み炎上」という報道に接し考えた

高齢者が車を暴走させて起こした事故が連日これでもかというくらいに続いています。以前は集団登校の小学生の列に突っ込むという事例が続いていましたが、最近では立て続けに病院に突っ込んでいます。今日は80歳の男性が運転する車が四日市で民家に突っ込ん…

大雪の箱根をノーマルタイヤで走るのは論外だが、スタッドレスタイヤもチェーンを巻けという意見には反対する

私の経験則では夏が暑ければその年の冬は厳冬になります。それが当たったのかどうかわかりませんが先週から急激に寒くなり、何と53年ぶりに東京で11月に初雪が降るという事態になりました。私は51歳なので何と生涯初の体験です。その結果私の自宅バルコニー…

箱根ターンパイクを通って芦ノ湖の紅葉を楽しんだ帰りに、小田原厚木道路で面白いことがあった

紅葉前線も身近なところまで降りてきましたが、いよいよ箱根の芦ノ湖が見頃になったというニュースが入ってきました。先週の高尾山は見頃には少し早かったですし、ここしばらく車に乗っていません。天気予報も晴れと伝えており、さっそく行ってみることにし…

ホンダウェルカムプラザに展示しているマクラーレン・ホンダを見ていてアイルトンセナを思い出した。

今日は信濃町の明治記念館で開催されていた業界団体によるセミナーに参加した関係で、普段はなかなか利用することのない青山1丁目から半蔵門線経由で帰宅しました。車好きにとっては青山1丁目と言えばホンダウェルカムプラザです。ホンダの本社ビル1階に設け…

一度慣れたらやめられない!AT車の左足ブレーキとは?(写真付)

最近暴走した車が引き起こした事故のニュースが続いています。集団登校の小学生の列に突っ込むという事故が続いたかと思えば、ここ二三日は高齢者の運転する車が暴走して起こした死傷事故が立て続けに発生しています。この記事を書きながらチラッと見たYA…

箱根駅伝5区山登りのコースである国道1号線を愛車で走って考えた

小田原から箱根に上がるルートとしては国道1号線を利用するのが最も一般的だと思いますが、これは正月恒例の箱根駅伝の第5区・第6区のコースとほぼ被ります。 箱根駅伝は来年で93回目ですが、昭和62年から日本テレビにより完全生中継されるようになると日…

羽生PA(上り)は鬼平犯科帳の世界になっていた。これでは蓮田SAを誰も使わなくなると思った。

既に書いておりますように10月19日に佐野と館林をまわってきました。 用賀PAを出ると特に渋滞はなく中央環状経由で蓮田SAにたどり着くことができました。最近高速道路の施設の充実ぶりは何度も書きましたが蓮田SAはどうやら例外のようで、20数年前に那…

用賀PAはちっぽけだが重要度はとても重い

これまで何回かご紹介したように高速道路におけるサービスエリアの設備の充実ぶりは目を見張るものがあります。以前は単に休憩し、トイレを済ませ、空腹を満たし、給油をするだけの場所だったのが、サービスエリアでの滞在自体を楽しめるように変わってきて…

CMで有名になった「ベタ踏み坂」を上がってみた

数年前にダイハツ・タントカスタムのCMで登場した「ベタ踏み坂」を覚えていますか。自動車雑誌の編集長である豊川悦司さんが編集者の綾野剛さんにしきりと「ベタ踏みだろう?」と言っていたあの橋です。あまりに現実離れした形状の橋であったため、てっき…

あなたは海老名サービスエリア(上り)で老舗のだし汁が味わえることを知っていますか?

サービスエリアについてはこれまで海老名(下り)、足柄(下り)について書きましたので、今回は海老名(上り)について書きたいと思います。 東名高速の横浜町田ICを利用している私にとってドライブ時の悩みの種は大和トンネルの上りの渋滞です。下りの場合…

足柄サービスエリア(下り)は海老名よりいいと思う。多分。

東名高速道路で東京から2番目のサービスエリアが足柄サービスエリアです。今や超メジャーな存在となった海老名サービスエリアや、開通の際これでもかというくらいマスコミに取り上げられた第二東名の各サービスエリアに挟まれて少し地味なイメージとなって…

走り屋なら「箱根旧道」を一度は走っておいた方がいい

私が頻繁に箱根にドライブに行くようになって8年くらいになります。最初の頃は小田原厚木道路を下りたらもっぱら箱根新道を利用していました。くねくねと曲がりくねった面白い道だと思っていましたが、ここ最近ではあまり利用していません。国道1号線や箱根…

海老名サービスエリア(下り)でメロンパンよりお勧めできるものとは?

海老名サービスエリア(下り)は東名高速下り線の最初のサービスエリアで、上下線合わせると利用者数が一日平均6万人という日本最大のサービスエリアです。 私にとって東名高速の下り線に乗るのは100%休日にドライブに行くときであり、心躍るものがあります…

小田原厚木道路(覆面パトカーの見分け方)

私は東名高速の横浜町田ICの近くに住んでおり、休日はよく箱根に行きます。帰りは色々なルートがありますが、行きは全て小田原厚木道路を使います。厚木からしばらくはひたすらまっすぐで平らなな道ですが、大磯を過ぎると途端に上り下りが激しくなります…

あなたはタイヤのサイズの読み方を知っていますか?

8月28日の記事にも書きましたが、私の車はヨコハマのS-driveを履かせています。 それ以前のO社のFと比べると直進時もコーナーリング時もしっかりと路面をグリップしており、安定性が飛躍的に向上しています。乗り心地としては決していいわけでは…

タイヤに信頼が置けないと安心して走れない理由

車の数多くの部品の中で唯一路面と接しているのがタイヤです。車の性能を語る時エンジンや車体のことばかり語られますが、タイヤに信頼を置けなければ安心して走ることはできません。タイヤがダメなら全てダメになると行っても過言ではありません。一か月ほ…

私がMT車にこだわる理由

私が免許を取得してから早くも28年たちました。府中の試験場から帰ってきて、親に黙って自宅の車を車庫から出して初ドライブしたことは今でも覚えています。「これで世界が拡がった」と強く感じました。以来人の数倍から10数倍乗ってきたと思いますが、未だ…